aalt inc.

グラフの表示(例:週別麻しん報告数2012年 第1週〜23週)

Home  >>  未分類  >>  グラフの表示(例:週別麻しん報告数2012年 第1週〜23週)

グラフの表示(例:週別麻しん報告数2012年 第1週〜23週)

On 6月 20, 2012, Posted by , In 未分類, With グラフの表示(例:週別麻しん報告数2012年 第1週〜23週) はコメントを受け付けていません。

麻疹の感染動向を折れ線グラフにしてみます。
グラフにすると動向を捉え易くなり、過年度の動向との比較によって、現状を把握し易くなります。

週別麻しん報告数 2012年 第1〜23週(n=142)

dyerware.com



感染症発生動向調査 2012年6月13日現在
出典:国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid//images/idsc/disease/measles/2012pdf/meas12-23.pdf

ここで、留意すべきは、このような情報は、グラフという画像のみで提供したり、PDFのみで提供すると、可用性を著しく損なうということです。

上述のように、Table Dataを併せて提供することによって、将来において過年度と比較する際に、画像からデータを解釈するといった誤謬の混入を低減したり、比較の迅速性を向上することに繋がります。

Comments are closed.